2016年度より本学図書館を高校生へ開放します

酪農学園大学附属図書館では、2015年度まで夏休みや春休みなど限られた期間だけ、高校生の利用を許可しておりました。
2016年4月1日(金)より、年間を通じて高校生の皆様へ開放します。
酪農・農業・畜産・食品・環境・動物学など専門的な資料を主に揃えておりますが、新聞や雑誌も多く、事典・図鑑や小説などがあります。
ご自由に利用してください。


附属図書館はどこですか?

酪農学園大学のほぼ中央にある10階建ての建物「中央館」の3階〜7階が図書館となります。
3階の図書館出入り口を利用してください。

利用期間は?

こちらの「開館時間」のページより開館カレンダーをご確認ください。
ただし、日曜日の臨時開館のときは利用できませんのでご注意ください。

入館の手続きは?

受付カウンターで『身分証明書(写真付の生徒手帳など)』を提示してください。
受付票に名前などを記入して、ネームプレートをもらってください。
図書館内では必ず着用してください。
なお、高校生の皆様が利用できるのは3階〜6階です。

事前に読みたい本を探すには?

大学図書館の蔵書検索ページ(http://opac.rakuno.ac.jp/)からタイトルやキーワードを入力して本を探してみてください。
携帯電話からも検索ができます。
館内では蔵書検索専用パソコンがご利用できます。

図書館利用のマナー

その他